神戸ムスリムモスク|神戸観光|散策|さんぽ
神戸ムスリムモスク

昭和10年(1935年)日本で最初に建てられたモスク。インド人、トルコ人、タタール人らのイスラム教徒(ムスリム)が資金を出し合った。日本に現存するモスクでは最も古い。

日本で最初に建てられたモスク (過去散策)

異人館街とは少しはなれたところに
ムスリムモスクはある。

1935年に建てられたというモスクは、
イスラム教徒の貿易商が中心となって
資金をだしあって建てたという。

世界大戦の神戸大空襲も、
阪神・淡路大震災も、
絶え抜いた。

地上3階、地下1階。
回教寺院独特の造形が美しい。

イスラム教徒でなくても内部の見学は可能なようす。
ただし、「見学の際、肌の露出(半ズボン、ミニスカート等)の方は入館できませんので、ご注意下さい」とある。

お薦めコメント

イスラム寺院独特の意匠が美しいですが、電柱・電線により、遮られてしまいます。イスラム文化(寺院)を体感したい方は、内部見学をおすすめします。

お薦め度指数

異文化・イスラムなどに興味のある方は 70点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「神戸三宮」10分
入場料
-
定休日
-
所在地
中央区中山手通
HP
http://www.kobemosque.info
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ