無動寺|神戸観光|散策|さんぽ
無動寺

創建は、推古天皇の時代、聖徳太子が物部氏との戦勝を祈願して大日如来・諸尊を刻り、勝利したことに始まる。宝暦2年(1752年)眞源阿闍梨により中興。本尊大日如来座像・釈迦如来座像・阿弥陀如来座像・不動明王座像・十一面観音立像は国の重要文化財。

国の重文仏像五体がならぶ山寺 (2014年6月散策)

無動寺の魅力は
何と言っても五体ある国の重要文化財
仏像。

飛鳥・奈良・平安時代あたりに
彫られた仏像は、
古きが故の
ありがたさが伝わってくる。

正直なところ、
お寺そのものは、
さほど特徴的ではないが。

深い緑に囲まれた環境や、
室町時代に建立された
本殿・重文指定の若王子神社が、
いとおしくもある。

お薦めコメント

仏像好きなら1度はみておくのがいいでしょう。一般的な寺社参拝として、ここだけ目指していくには少し、立地が気になります。重文の仏像を拝んで、かつハンキングとしていくなら、ぜひ。

お薦め度指数

一般的な寺社参拝とすれば 60点
仏像好き・自然好きなら 80点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
神鉄「箕谷」40分  ハイキング以外はバス等利用推薦
拝観料
大人200円 中学生以下100円
定休日
-
所在地
北区山田町福地
HP
http://www3.ocn.ne.jp/~mudouji/
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ