旧居留地海岸ビル|神戸観光|散策|さんぽ
海岸ビル(旧居留地)

大正7年竣工。旧三井物産神戸支店。震災により、平成10年に再建。高層ビルの低層部に旧外壁を再構築。木製ドアや御影石柱など資材が再利用されている。旧外壁は国の登録有形文化財。

外壁に味わいの残る近代建築 (過去散策)

旧居留地は
東は、市役所前のフラロード
西は、大丸の西側の道路・鯉川筋・メリケンロード
北は、市役所および大丸の北側の道路・旧西国街道
南は、国道2号線  に囲まれた地域。

海岸ビルは居留地の南西、
2号線沿いにある。

海岸ビルヂングや相楽園に残る小寺家厩舎、
水の科学館となった奥平野浄水場旧急速濾過場上屋などを手がけた河合浩蔵の設計。

お薦めコメント

上に乗っかったガラス張りのビルがなんとも残念ですが、低層部は味わいのあるセセッション風の近代建築です。

お薦め度指数

近代建築好きにとっては 65点
建築好きが旧居留地の近代建築をいろいろ見て歩いて 80点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「元町」「大丸前」あたりから3〜15分
入場料
-
定休日
-
所在地
旧居留地
HP
http://www.city.kobe.lg.jp http://www.kobe-kyoryuchi
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ