旧居留地38番館|神戸観光|散策|さんぽ
38番館(旧居留地)

昭和4年竣工。旧ナショナルバンク神戸支店。ヴォーリズ設計。現在、大丸の店舗の一部。南面に4本のイオニア式列柱、東面に7本の壁柱。石積み外壁のアメリカンボザール様式の近代建築。

アメリカン様式のおしゃれなビル (過去散策)

旧居留地は
東は、市役所前のフラロード
西は、大丸の西側の道路・鯉川筋・メリケンロード
北は、市役所および大丸の北側の道路・旧西国街道
南は、国道2号線  に囲まれた地域。

38番館は居留地の北西、
大丸店舗の一部。

旧居留地の象徴的なビルの1つ。
関学や神戸女学院を設計したヴォーリズによる。

お薦めコメント

近代建築の匠ウォーリズの設計だけあって、実に気配りのある細やかなデザインとなっています。旧居留地に存在するにふさわしい建築物です。

お薦め度指数

近代建築好きにとっては 80点
建築好きが旧居留地の近代建築をいろいろ見て歩いて 80点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「元町」「大丸前」あたりから2〜15分
入場料
-
定休日
-
所在地
旧居留地
HP
http://www.city.kobe.lg.jp http://www.kobe-kyoryuchi
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ