旧居留地15番館|神戸観光|散策|さんぽ
15番館(旧居留地)

外壁石造りのベランダ・コロニアルスタイル。明治13年頃建てられたが、震災で全壊。部材を70%使用して建て替えられた。現在はレストランとして利用されている。

コロニアル様式のやさしさあふれる洋館 (過去散策)

旧居留地は
東は、市役所前のフラロード
西は、大丸の西側の道路・鯉川筋・メリケンロード
北は、市役所および大丸の北側の道路・旧西国街道
南は、国道2号線  に囲まれた地域。

15番館は居留地の中程、
市立博物館の西にある。

内部にセルリアーナしきりなどを持ち、
古典的なデザインが見所でもある。

お薦めコメント

荘重なビル群の中、コロニアルスタイルの建物にやさしさが感じられます。内装にイオニア式列柱なども使われており、洋館らしさが漂います。

お薦め度指数

近代建築好きにとっては 75点
建築好きが旧居留地の近代建築をいろいろ見て歩いて 80点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「元町」「大丸前」あたりから2〜15分
入場料
-
定休日
-
所在地
旧居留地
HP
http://www.nozawa-kobe.co.jp/15ban/ http://www.kobe-kyoryuchi
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ