萌黄の館|神戸観光|散策|さんぽ|
萌黄の館

明治36年(1903年)築。旧シャープ住宅・小林家住宅。木造下見板張り造り。国指定重要文化財。敷地約803㎡。ベイ・ウインドー、アラベスク風模様の階段、マントルピースなどが特徴的。小林邸とは元神戸電鉄社長小林秀雄氏の住宅となったため。

下見板張りの萌黄色の異人館 (2014年10月散策)

全身を萌黄色につつまれた、
萌黄の館は、
近年まで白い異人館と呼ばれていたそうだが、
昭和62年の修理で建築当時の色に復元され、
その色から萌黄の館と呼ばれることになった。

レンガ造りの煙突、
ベイウィンドウをもつ、
下見板張りベランダコロニアルは、
その色もあいまって、
全体的にやわらかくかわいらしい印象がある。

寝室、居間など採光もよく、
窓模様の美しいサンルームにいたっては、
その明るさが美しくさえある。

時代の産物を楽しみたい。

お薦めコメント

風見鶏の館との共通券は650円。風見鶏に入るなら、ぜひこちらにも入ってほしいところです。異人館などの建築物に興味のある方にとって70点と評価したものの、本当にすきなら、80〜90点の評価でもOKでしょう。

お薦め度指数

異人館や建築に興味のある人にとって 70点
北野をあちこち散策して 85点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「神戸三宮」など15分 新神戸駅10分
入場料
大人300円 高校生以下無料 他共通券等あり
定休日
2月の第水・木曜日など
所在地
中央区北野町
HP
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/foreigner/sub3.html
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ