グラシアニ邸|神戸観光|散策|さんぽ|
グラシアニ邸

明治42年(1908年)建造。平成24年火事で全焼した。もともとはフランス貿易商グラシアニの自邸、コロニアル様式の洋館。今は、当時の姿に再築され、フレンチレストランとなっている。

コロニアル西洋館のレストラン (2014年5月散策)

異人館通り(山本通)、
シュウエケ邸のすこし東に
旧グラシアニ邸がある。

明治後期の建物だったが、
近年、火事で全焼し、
再築された。

再建とはいえ、
当時のコロニアルが再現され、
異人館の美しさが残る。

お薦めコメント

コロニアルスタイルの洋館で食べるフレンチは、格別かと思いますが。建築物として評価をすれば、まったく新規の再建は残念なところ。一般の人が見た目には分からないので、異人館の雰囲気は十分味わえると思います。

お薦め度指数

コロニアル洋館としての鑑賞で 50点(新規再建なので)
※フレンチには定評のあるお店です

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
全線「三宮」「神戸三宮」15分
入場料
-
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)
所在地
中央区北野町
HP
http://www.graciani-kobe.jp/index.html
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ