神戸華僑歴史博物館|神戸観光|散策|さんぽ
神戸華僑歴史博物館

南京町近くにある華僑の資料を集めた博物館。1979年開館。神戸華僑の歴史や日本ゆかりの中国人を紹介する。生活用具から美術品までも展示。

神戸の華僑の歴史を紹介 (2014年6月散策)

南京町の中央にある広場を南に抜けて、
ひとつ大きな道路(栄町通)をこえ、
国道2号線まで出てすこし西にいくと華僑博物館がある。

近代建築で有名な
海岸ビルヂンクのすぐ東のビルになる。

ビルの2階にあがる。
20坪ほどだろうかの空間に、
華僑の歴史的な資料や、
生活用品、美術品等が集められ、展示してある。

いつの時代か南京町あたりの古い写真、
マッチ箱のデザイン。
庶民的な雰囲気のただようところであった。

お薦めコメント

神戸における昔の中国が味わえます。神戸の華僑の歴史を学ぶ学生などにとって、たくさんの資料が参考になるでしょう。

お薦め度指数

神戸の華僑の歴史などに興味のある人、学習する人には 70点
一般的な観光施設として訪れた場合には 55点

交通アクセス・入場料・定休日など

アクセス
JR・阪神「元町」8分
入場料
大人300円 学生200円
定休日
月・水・日曜日・年末年始
所在地
中央区海岸通
HP
http://www16.ocn.ne.jp/~ochm1979/index1.html
備考
内容が変更等の場合もあります。詳細は訪問前にご確認ください。

アクセスマップ(マップ右上をクリックでフルスクリーン)

神戸市全体の観光・散策・さんぽマップへ